ブライトエイジの肌磨きコットンがすごい!

ブライトエイジの肌磨きコットンについて

ブライトエイジのトライアルキットには、肌磨きコットンが付いてきます。

 

実はこのコットンが優れものなんですよね。

 

最初はあまり興味をそそられませんでした。普段から化粧水は手で付ける派だし、買うとしても100均のコットンで十分だと思っていたので

 

でも、あえてコットンをプレゼントしてくるってことは、第一三共ヘルスケアの自信作なのかなと思い、せっかくだし使ってみることにしました。

 

このコットンの面白いところが、表と裏で手触りが違う点。片方がふわふわした手触りで、もう片方がツルツルの手触り

 

なんで手触りが違うかというと、違う素材を使用しているためです。

 

ふわふわの方が綿100%、パッティング用の面となっています。

 

ツルツルの方は、テイジンが開発した「ナノフロント」という素材が使われています。

 

髪の毛の7500分の1の超微細な繊維で、吸着性や拭き出し効果が高く、なでるだけで古い角質や皮脂汚れを優しく落とします。

 

スキンケア商品のほかにも、機能性スポーツウェア、インナーウェア、抗菌フィルター、精密研磨クロスなど多彩な用途をもち、未来型の超極細繊維と言われているそうです。参考:帝人フロンティア株式会社

 

ブライトエイジ肌磨きコットンの使い方

ふわふわの面の方に500円玉くらいのたっぷりの量の化粧水を染み込ませます。ポイントは、ふわふわ面に染み込ませること。肌磨き面の方は化粧水が浸透しにくいので

 

肌磨き面の方を使って、顔全体をふき取るように優しくすべらせます。とても肌触りが良い!するするとなめらかにふき取りできます。肌に刺激を与えずにコットンです。

 

コットンには、けっこうな汚れが付いています。余計な力を入れずに古い角質や皮脂を落としているのがわかります。

 

ふわふわ面でパッティングします。

 

ここまでが基本的な使い方ですが、私はデコルテ、腕、ひじなどくまなく拭いてから完了!

 

ブライトエイジ肌磨きコットンの良かった点

  • 1枚で2パターンの使い方ができる
  • 使い込んでもへたらない

 

薄く裂いて、コットンパックにすることもできます。

 

優れもののコットンですが、そうなると気になるのがお値段

 

45枚入りで450円(税別)、1枚当たり10円

 

1箱で1か月半分、品質を考えるとコスパはいいのではと思います。

 

今まで化粧水は手で付けていましたが、ブライトエイジの肌磨きコットンが思いのほか良かったので、使ってみようと思いました。

 

でも、改めて化粧水は、手とコットンのどちらでつけるほうがお肌のためには良いのかなと思ったので調べてみました。

化粧水のつけ方!手とコットンどちらが良いの?

コットンを使うと「化粧水の減りが早そう」「めんどくさい」「繊維が肌に残る」などの理由で、今まで化粧水は手で付けていましたが、ブライトエイジの肌磨きコットンを使って、改めてコットンの良さを感じました。

 

でも、実際にコットンと手ではどちらが肌のために良いかを比較してみました。

メリット デメリット
コットン
  • 塗りムラがない
  • 保湿効果が高い
  • 肌のキメ・毛穴の目立ちが改善
  • 商品によっては繊維が肌に残る
  • 敏感肌の人は刺激になることがある
  • 化粧水の減りが早い
  • 手で直接つけると肌のコンディションがわかる
  • 化粧水を無駄なく使える
  • 敏感肌でも刺激ならない
  • 塗りムラが起こる
  • コットンよりも保湿効果が劣る

コットンにはコットンの良さ、手には手の良さがあることがわかりました。あとは、肌のコンディションに合わせて、手とコットンをうまく使っていけばよいかなと思います。

 

「肌磨きコットン」のオススメポイントは、ふき取り効果です。

 

「肌磨きコットン」があれば、古い角質や余分な皮脂のケアができるので、あえて、ふき取り用の化粧水を買う必要がありません。

 

また、ふき取り用化粧水は肌への刺激になる人でも、肌へのあたりが柔らかい「肌磨きコットン」とブライトエイジの化粧水を一緒に使うことはオススメです。

 

page top